ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

子どもHAPPYプロジェクト

  • プロセス
  • 視察一覧

2008年 プロセス

  • 全国女性部長・代表者会議
    全国女性部長・代表者会議

    2008年01月16日

    全国女性部長・代表者会議

    本年は「環境問題」「治安問題」を新たなテーマに掲げて、引き続き「子どもHAPPYプロジェクト」を全国展開していくことが決定されました。また、地方の特徴ある取組み等を視察することが活動方針に盛り込まれました。

  • 2008年03月11日

    女性局役員会

    「子どもHAPPYプロジェクト」を含めた本年の女性局の具体的な活動について協議しました。

  • 全国女性部(局)長・政策審議委員・選挙活動委員合同会議 <<第一部 会議>>

    2008年04月02日

    全国女性部(局)長・政策審議委員・選挙活動委員合同会議 <<第一部 会議>>

    全国47都道府県の女性部(局)代表者約180名が党本部に集まり、本年の女性局の活動について活発な議論を行いました。

  • 全国女性部(局)長・政策審議委員・選挙活動委員合同会議 <<第二部 講演会>>

    2008年04月02日

    全国女性部(局)長・政策審議委員・選挙活動委員合同会議 <<第二部 講演会>>

    立正大学の小宮信夫教授をお招きして「子どもと地域を犯罪から守る方法」という演題で講演会を開催。「子どもHAPPYプロジェクト」の本年の主要テーマである「治安問題」について、地域安全マップなどの取り組みを紹介してもらいました。

  • 「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第1弾
    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第1弾
    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第1弾

    2008年04月03日

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第1弾

    合同会議の翌日に、視察の第1弾として、都内3か所を訪問。障がい者福祉、治安・防犯対策、小中一貫教育の現場を視察し、様々な取組みについて見識を広めることができた一日となりました。
    (写真上から スワンカフェ&ベーカリー赤坂店、セコム株式会社IS研究所、品川区立日野学園)

  • 2008年06月05日

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第2弾

    視察の第2弾は、15都府県の女性部(局)約80名が参加のもと金沢市内で開催され、同市の取り組む先駆的な子育て支援事業と教育事業を視察しました。

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第2弾

    「金沢市教育プラザ富樫」
    行政と市民が一体となって行う子育て支援事業について説明を受け、施設内を視察。

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第2弾

    「金沢能楽美術館」
    地域文化を次世代に伝える『金沢素囃子子ども塾・加賀宝生子ども塾』について、山出保金沢市長をはじめ、能楽師・邦楽師とも、意見交換。

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第2弾

    「金沢21世紀美術館」
    金沢市内の小学4年生以上を対象に行う事業『ミュージアム・クルーズ』の説明を受け、館内の現代アートを鑑賞。

  • 2008年07月14日

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第3弾

    熊本市内で開催された視察の第3弾では約80名が参加し、いわゆる「赤ちゃんポスト」で有名な慈恵病院を訪れ、尊い命を守る取組みについて学びました。また、尾ノ上小学校では地域と学校が一体となって「地域犯罪ゼロ」を実現した防犯パトロールなどを視察しました。

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第3弾

    「医療法人聖粒会慈恵病院」
    赤ちゃんポストについて説明を受ける参加者。

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第3弾

    担当看護師から現場の生の体験を拝聴。

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第3弾

    「熊本市立尾ノ上小学校」
    下校時に防犯パトロールを行う「オバパト隊」のメンバー。

    「女性局『子どもHAPPYプロジェクト』視察」第3弾

    食育も取り組むオバパト隊のメンバーと子どもたちが一緒になって調理実習。

  • 「平成20年女性局海外視察」

    2008年07月27日

    「平成20年女性局海外視察」

    今年の主なテーマである「環境問題」について先進的な事例を視察するために、全国の女性部(局)の代表者とともにドイツを訪問しました。
    詳細はこちらをご覧ください。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー