ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

子どもHAPPYプロジェクト

  • プロセス
  • 国民の声
  • 女性局政策提言

2011年 自由民主党女性局政策提言
女性局「ハッピーオレンジ運動」総選挙公約(案)

平成23年8月4日
自由民主党女性局

子育て前と子育て中のお母さんをサポートするために、「マタニティサービス・ビフォー&アフター」を整備します!!

  1. (1)望まない妊娠や妊娠中の不安を感じているお母さんをサポートします。
  2. (2)出産したらすぐに保健師・助産師がお母さんのもとを訪れて相談にのるなど、産後のケアを行う制度や施設を整備します。

子供の虐待を早期発見するための地域や社会による取組みが不可欠です!!

  1. (3)子供たちを取り巻く医療職を対象に、早期発見のための研修を実施します。
  2. (4)医療機関や学校などが子供の虐待を把握した際に、児童相談所に必ず通告し、担当者を確保することを義務化します。
  3. (5)児童相談所や児童養護施設などの機能を拡充し、子供たちが家庭的な雰囲気の中で生活できるような環境を整備します。

それでも子供への虐待がなくならない場合は・・・

  1. (6)官民共同のネットワークを整備し、被虐待児の自立支援や保護者の支援を拡充します。
  2. (7)虐待した親や虐待された子供に対するアフターケアを整備します。
  3. (8)児童を虐待した親に対する処罰を厳罰化します。

家族みんなで子育てをします!!

  1. (9)多世代同居を促進します。
  2. (10)仕事をしているおじいちゃん、おばあちゃんが育児に参加しやすい環境を整備するとともに、地域内で「おじいちゃん、おばあちゃんの知恵袋」が子育てに役立つような仕組みを作ります。
  3. (11)親はもちろん、中高生が子育てについて学ぶ機会を設けます。
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー