ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

女性の健康問題対策

安倍晋三内閣総理大臣、関係大臣に女性の健康に関する要望書を提出

安倍晋三内閣総理大臣、関係大臣に女性の健康に関する要望書を提出

女性の健康は月経、妊娠・出産、閉経などのホルモン環境のダイナミックな変化を受けます。
今日、月経関連疾患に悩まれる女性は国内に1千万人以上いるといわれていますが、月に一度の短期間の悩みであるために診察に訪れる方も少なく、徐々に疾患が進行している状況におかれている方が多いとされています。

そのため、女性局では、女性の健康に特化した調査・研究を行い、女性活躍と女性の健康対策は両輪で進めるべきとの結論に至り、今般、安倍晋三内閣総理大臣、塩崎恭久厚生労働大臣、有村治子女性活躍担当大臣、下村博文文部科学大臣に要望書を提出しました。
女性局では、今後も女性の健康問題対策に取り組んでいきます。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー