ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

~子どもにいちばんの笑顔を~
みんなで考える児童虐待ゼロ標語 受賞作品発表

~子どもにいちばんの笑顔を~ みんなで考える児童虐待ゼロ標語 受賞作品発表

たくさんの標語をご応募いただき、ありがとうございました。
このホームページや自民党の全国の支部を通じて、延べ603名から1527点の作品をご応募いただきました。
厳正な審査の結果、下記の通り、優秀作品が決定いたしました。

●審査方法

  1. (1)事前審査・第一次審査
    作品の中から女性局役員による書類審査で通過作品13作品を決定。
  2. (2)最終審査
    第一次審査通過作品をもとに「全国女性部(局)長・女性議員合同会議(4月5日開催)」の参加者(142名)による投票を持って優秀作品を決定。

●総合結果

  1. (1)総裁賞「見逃すな 小さな叫び 小さな命」
    (最終審査:27票) 福井県 毛利 康幸さん
  2. (2)幹事長賞「虐待を しない・させない 地域の輪」
    (最終審査:15票) 東京都 大井田 雄策さん
  3. (3)女性局長賞「話してね ひとりじゃないよ その涙」
    (最終審査:15票) 岐阜県 後藤 順さん

●第一次審査を通過したその他の作品 ※応募順に掲載

  • 「見逃すな 子供の変化 地域の目」
  • 「虐待を 防ぐあなたと 地域の目」
  • 「おかしいな 気づいたときは すぐ相談」
  • 「虐待を しないさせない 見逃さない」
  • 「虐待を 防ぐ 断ち切る ゼロにする」
  • 「遅くない 救える命は そこにある」
  • 「一報で 助かる命 救える笑顔」
  • 「守ろうよ 子どもは国の 未来です」
  • 「子育てを ささえる地域の 思いやり」
  • 「悩んでる 親を支えて 子を救う」

※後日、党本部で表彰式を実施する予定です。その模様は、ご覧のホームページでご報告いたします。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー