ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

リベンジポルノ問題対策

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律が公布・施行

復讐や嫌がらせを目的に、元交際相手らの性的画像・動画をインターネット上に公開する行為、いわゆる「リベンジポルノ」が社会問題となりました。

ある調査によれば、2014年3月までの直近6カ月におけるリベンジポルノの被害相談は、前年比の20倍以上に増えています。特に10代女性が相談の約8割を占めており、その背景にはスマートフォンやSNSサービスの普及が考えられます。

性的画像が一度インターネット上に流出するとたちまち拡散されてしまい、完全な削除は困難を極めます。
本問題の実態を把握するため、女性局は全国組織を挙げてアンケート調査を実施しました。
1カ月と短い調査期間ではありましたが3,067件もの回答が得られました。
そして第187回国会において、「私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律案」が可決・成立されました。

女性局では今後も啓発活動等を通じてこの問題に取り組みます。

法案成立までの経緯はこちら

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー