ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

「ウーマノミクス」女性の感性を政策に!

女性政策コンテスト「ウーマノミクス」決勝審査結果

2011年01月25日

自由民主党女性局主催「女性政策コンテストウーマノミクス決勝審査が1月22月(土)、自由民主党本部において行われました。

当日来場した党女性局役員、女性国会議員、全国の自民党女性党員総勢約250名が審査員となり、抽選に基づく順番により、5名の発表者が1人4分以内でアイデア・政策を発表しました。

審査の結果、自由民主党総裁賞(最優秀賞)には富山県高木悦子さんが選ばれ、決勝審査終了後には谷垣禎一総裁、大島理森副総裁、小池百合子総務会長等との懇談会が開催されました。

当日の様子は後日、本ページに掲載いたします。

○審査結果

  • 自由民主党総裁賞富山県高 木 悦 子 さん「もう一度サザエさん・ちびまるこちゃん」
  • 自由民主党総務会長賞鹿児島県白男川 雅 子 さん「日本製品に分かりやすい表示を」
  • 自由民主党女性局長賞高知県大 石 綏 子 さん「青少年の国内留学制度」
  • 優秀賞千葉県杉 浦 美穂子 さん「生活のre-design」
  • 優秀賞兵庫県実 光 く み さん「労働時間を会社全体で短く」

女性(「WOMEN」)だからこそ気付く生活実感に基づいた政策(「ECONOMICS」)を募集します!

本の今を変えるのは女性の力です。
女性の発想です。
女性の智恵です。
自民党は皆さんのアイデアを実現します。
それが日本の元気を生み出します。
わが国の社会の『再設計(Redesign)』のため、あなたの政策をどしどし提案してください!

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー