ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

ニュース

兵庫 県連女性局 「りぶるのつどい」で有村治子女性局次長が教育改革について講演

2005年12月06日

兵庫 県連女性局「りぶるのつどい」で有村治子女性局次長が教育改革について講演

りぶるのつどい終了後、有村治子参議院議員
(前列左から3人目)と記念撮影

兵庫県連女性局(鯉田和子局長)は10月2日、神戸市内のホテルで「第9回兵庫りぶるのつどい」を開催しました。
つどいは、岩田智津子女性局次長の日本舞踊「菊滋童」披露ではじまり、鯉田局長が衆議院総選挙のお礼と、りぶる購読の拡大を呼びかけました。
地元選出議員のあいさつに続いて行われた記念講演では、党本部から駆けつけた有村治子女性局次長が「戦後60年目の教育改革――何を守り何を考えるべきか」と題して、教育基本法改正の必要性を訴えました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー