ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

ニュース

群馬 前橋りぶるの会 日本の国際社会での役割を中心に、中央研修会を開催

2007年12月03日

群馬 前橋りぶるの会 日本の国際社会での役割を中心に、中央研修会を開催

中川昭一元政務調査会長の分かりやすい講演に
耳を傾ける参加者たち

中川昭一衆議院議員、山本一太参議院議員も参加

前橋りぶるの会(小川せつ子会長)は10月25日、党本部で中央研修会を行い、約80人が参加しました。この日は、中川昭一元政務調査会長が講演した他、県選出の山本一太参議院議員らが出席し、参加者を激励しました。
中川衆議院議員は講演で、わが国が国際社会で果たすべき役割について、具体例を挙げながら説明されました。海上自衛隊の補給活動の重要性を指摘し、食糧問題や農業政策についても責任ある政策を実行していくべきだと訴えました。
また、あいさつした有村治子党女性局長は、テロ特措法が期限切れを迎えることについて「中東の安定がなければ影響を受けるのは日本。国際的にやらなければならないことが今問われている」と述べ、補給活動継続の必要性を語りました。
小川会長は「どの話も分かりやすく、大変充実した研修会になった」と感想を述べました。

ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー