ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション
グローバルナビゲーション終わり
ここから本文です

ニュース

党本部 全国の女性議員を対象にした政策研究会を開催

2012年11月16日

党本部 全国の女性議員を対象にした政策研究会を開催

党籍を持つ全国の女性地方議員を対象に、政策力の向上と連携を図る「全国女性議員政策研究会」が11月15日と16日の2日間、全国から約60人の女性地方議員が参加して行われました。日程2日目は衆議院が解散した日となりました。15日の開会セレモニーでは、石破茂幹事長から「いよいよ解散・総選挙となった。自民党はどう変わったかが問われる選挙となる。我々は勝たなくてはいけない。単に勝つだけではなく、何を言って勝つかが大切。わが党の公認候補者が全て勝つ覚悟で臨む」と力強い決意表明がありました。
今回の政策研究会では、甘利明政務調査会長の基調講演をはじめ、研修会では7つの政策テーマについて、党所属国会議員や有識者が講演。参加者は様々な課題や問題について知識を深め、活発な意見交換が展開されました。
懇親会では安倍晋三総裁があいさつに立ち、「保守系の女性議員を増やしていくことが日本を正しい方向に導いていく。日本を再生し、国を建て直していく。なんとしても政権奪還を目指していきたい」と宣言し、参加者全員で政権奪還に向け、結束を誓いました。翌16日には、参加者全員で衆議院本会議場を傍聴し、解散の瞬間に立ち合いました。

  • 党本部 全国の女性議員を対象にした政策研究会を開催
ここで本文終わりです
ローカルナビゲーション

ページトップへ

メニュー