ページ内を移動するためのリンク

グローバルナビゲーション

グローバルナビゲーション終わり

ここから本文です
  1. ホーム
  2. ご挨拶

ご挨拶

自由民主党 女性局長 自見 はなこ

自由民主党 女性局長 自見 はなこ

自由民主党女性局ホームページへのご訪問、ありがとうございます。
岸田文雄総裁の下、第94代女性局長を拝命いたしました、参議院議員の自見はなこでございます。
昭和30年の立党宣言に「政治は国民のもの」と謳われ、女性局の前身となる婦人局が誕生して以来、自民党は一貫して全国女性組織の皆様と心を合わせ、時代に即した歩みを進めてまいりました。
特にこのコロナ禍において、近年女性局が取り組んできた、児童虐待防止活動、子ども子育て政策、女性の健康問題、防災減災対策等への更なる課題が浮き彫りとなり、国民の関心がより一層高まっています。岸田総裁が就任会見で「丁寧で寛容な政治を行い、国民の一体感をしっかり取り戻す」とお約束した通り、私も全国の女性局組織の皆様との対話を通じて、こうした課題を深堀していくともに、新興感染症対策や女性の視点からみる地域の課題等、昨今の新しい課題にも積極的に取り組んで参りたいと存じます。
総裁選での女性候補の善戦や、女性閣僚の顔ぶれでも分かるように、わが党の女性議員は国政から地方議員に至るまで、それぞれが大きな志を持って行動するかけがえのない存在です。女性局が率先して女性候補者育成に取り組み、各級議会の女性議員を増やし、女性の皆様のお声を政治に反映させる努力を続けてまいる決意です。地域活動を含めて女性局が大切にしてきた「やさしさはちから」を大切にし、国民の生活の幸せの向上のために全力を尽くして参ります。
120万党員の獲得や、来夏参議院選挙をはじめとする各級選挙の必勝は党活動の大きな柱です。地域での活動をしっかりとお支えし、次の時代の扉を皆様と開けるよう女性局長として一所懸命に取り組んでまいります。未来に向かって歩みを進める女性局活動にご賛同いただける多くの皆様のご参加を心からお待ちしております。
なお、女性局活動につきましては、FacebookTwitterでも発信しておりますので、ご覧いただければ幸いです。

自由民主党 女性局長 参議院議員 自見 はなこ

ここで本文終わりです

ページトップへ